実際の体験談をご紹介

申込当日にお金を借りれました。(男性/40代)

男性/40代

私は営業職を行っている40代の男性ですが、お世辞にも収入が良いとは言えないです。

全ての会社に言えることではないでしょうが、私の場合は成果によって収入が変化する企業に属しています。
そのため、成果があがらなければ収入も増えず、やり手ではない私は常に苦しい状況です…。

また、営業職のため夜の付き合いや休日のゴルフの誘いなどもあり、毎月の出費も生活を圧迫しています。

会社に請求すれば良いと思う方もいるかもしれませんが、成果をあげられない者としては言いづらく、
言っても経費でおちないことも多くあり、自腹でそれらの費用を払うようにしているのです。

しかし、そんな日々も長くは続かず、すぐに資金面で厳しい状況に立たされました。

急な誘いなどに対応できないようになり、すぐにでもお金が必要な状況に陥ってしまったのです。
そんな時に即日融資のカードローンがあることを知り、早速申し込みをしようと思いました。

店舗に行く暇もなかったため、インターネットで申し込めて無利息期間もあったプロミスを選びました。

入力も簡単で証明書類は画像で送付できたため、ストレスなく申し込みを完了できました。
審査においては会社への在籍確認だけで済み、その日の内にお金が振り込まれました

その後も限度額内であれば借入できるので、急な出費に対応できるようになって本当に良かったです。

お金に困っている方は、キャッシングカードは1枚持っておくと便利かと思います。

数あるキャッシングの中でも、融資スピードが早くて口コミによる評価が高い会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    郵送物&来店なしで契約可、30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要

  2. SMBCモビット

    WEB完結なら電話での在籍確認なしで郵送物カット、来店不要なので家族や職場にもバレにくい

  3. アコム

    土日祝日でも即日融資、電子交付なら郵送物なし、30日間無利息でクレジット機能を付けられる

その他の体験談

急にお金が必要になったときに役立つ即日キャッシング

「給料日前なのに、急にまとまったお金が必要になった。」 カードローンはこんな時によく利用される借入手段です。

早ければ、借入を申し込んだその日のうちに融資を受けることができます。
ただ、カードローンについてよく分からなくて、お金を借りるのが不安だという人は多いです。

そこで、こちらでは即日キャッシングの利用方法と審査、注意点などについて説明したいと思います。

即日キャッシングはどうすれば利用できる?

即日キャッシングの方法はいくつかあります。

クレジットカードのキャッシング機能を使えば、ATMからお金を借りることが可能です。
しかし、クレジットカードで融資を受けると無利息期間なし、金利が年18%とかなり高くなってしまいます。

そのため、まとまった金額の借入なら、キャッシング業者から融資を受けるほうがいいでしょう。

即日融資サービスがあるキャッシング業者は申し込んで審査に通れば、その日のうちに融資を受けることができます。
しかし、必ず即日キャッシングが受けられるかというとそうでもなく、条件が設けられている場合があります。

その条件とは、「審査を行っている時間までに契約完了をしていること」です。

キャッシング業者によって審査を行っている時間に違いはありますが、早いところでは平日の14時までになります。
また、特定の銀行口座がなければ即日キャッシングができないところもあるので、融資を受ける前に確認しておきましょう。

キャッシングの申し込みの流れ

キャッシングの申し込み方法には色々ありますが、一番手間がかからないのはパソコンやスマホからの申し込みです。

店舗に行く必要がなく、時間も節約できるので便利です。
Web画面に審査項目があるので、そこに入力した情報が仮審査に使われることになります。

必要書類もアップロードという形で提出することができます。

Webからの申し込みが完了したら、のちほど担当者から電話連絡がきて、審査に必要な残りの内容を答えます。
審査時間は在籍確認も含めて、30分~1時間程度です。

審査が終わると再び担当者から連絡がきて、審査結果を伝えられます。審査に合格したら、借入を行うことができます。

Web申し込みは手軽に行えるメリットがありますが、
申し込みが平日の遅くになってしまう場合は自動契約機を利用するのが有効です。

まずWebから申し込みをして、自動契約機を使って契約を完了させると、夜でもカードを受け取ることができます。

カードを受け取ることができれば、即日キャッシングができます。

カードの受け取り可能時間はキャッシング業者によって異なりますが、だいたい21時~22時までになります。
なお、ネットからの申し込みも19時や20時が締め切り時間になるので、遅れないようにしましょう。

審査に必要な書類は?

本人確認書類でよく使われているのが運転免許証です。必要書類は運転免許証だけでOKというところもあります。

運転免許証を持っていない人は健康保険証、パスポート、マイナンバーカードを代わりに提示することができます。
また、希望する融資金額が50万円、100万円といった一定のラインを超える場合は、収入を証明する書類が必要になる場合が多いです。

使うことができる書類は源泉徴収票、所得証明書、給与明細書などです。いずれも最新のものを提示してください。

審査に落ちるのはどんな人?

手軽に申し込みができる即日キャッシングですが、審査に合格しなければ融資は受けられません。

下記に審査に落ちやすい人の特徴をまとめてみました。

  • 他社からの借入件数や借入金額が多い
  • 過去に2~3ヵ月以上の返済の遅れがある
  • 短期間で複数社に申込みしている
  • 申込書の内容に虚偽を記載した
  • 属性(融資の返済に影響しそうなすべての項目)が低評価

このように、返済能力の信用が低い人は審査に通らない傾向があります。

上記の項目に複数該当するなら、審査はかなり厳しいものになります。
また、該当項目が1つだけでも、借入金額が多くなるほど審査もシビアになってきます。

土日祝日でも審査は受けられる?

業者によっては土日祝日でも即日キャッシングができますが、
窓口は閉まっているので、必然的に自動契約機を使う必要があります。

ただ、申し込みだけはWebからでも行えるので、Webサイトから申し込みをして自動契約機で契約を完了させる方法でも可能です。
ただし、土日祝日の審査でつまずきやすいのが在籍確認です。

キャッシング業者は申請者本人が本当に会社に在籍しているか電話を入れて確認をしますが、土日祝日は休みの会社が多いですよね。

そうなると、在籍確認ができないので日を改めて確認することになり、
申し込み日に融資を受けることができなくなります。

即日キャッシングの注意点

すぐにお金を借りたいから、「即日審査」と謳っているキャッシング業者を利用するのは、
即日という言葉に惑わされている可能性が高いです。

即日審査というのは文字通り、申し込みの日に審査しますということで、融資をするとは一言も言っていません。

なので、審査だけはすぐにして、融資は後日というパターンが十分にあり得ます。
即日キャッシングを利用したいならば、「即日審査」ではなく「即日融資」を掲げている業者を選ぶことです。

即日融資は申し込んだその日に融資をします、という意味です。

また、即日キャッシングができる業者なら、どこでもいいという考えは捨てるべきです。
即日融資は集客効果のある謳い文句ですが、そう宣伝しているなかには悪質な消費者金融も混じっているからです。

そうした業者からお金を借りると、高い利子を払うなどの痛い目をみることになります。

借入をするなら、プロミスなどテレビでCMを流しているような大手キャッシング業者を利用するのがいいでしょう。

早めに行動するのが大切

即日キャッシングを受けたいなら、早めに申し込みをすることが大切です。

近年はキャッシング業者のWebサービスが充実しているので、店舗窓口や自動契約機に足を運ぶ必要がなく、
スマホからでも簡単に融資の申し込みを行うことができます。

すぐにお金が必要な人はWebサイトの申し込みフォームを活用して、スムーズに融資を受けるのがベストです。